原稿用紙2枚分

はてなブログの文字カウンターで800字分。800文字で表現する練習をしています。

普通のOLになりたかった人生だった(完)

幼稚園の時に「将来なりたいもの(職業)は?」と聞かれると、一般的なウケの良さを優先して、よく「スチュワーデス(現キャビンアテンダント)になる」と回答していた。パン屋さんやお菓子屋さんには一切憧れず、なりたい職業も思いつかなかったのだった。

小学生の頃は漠然と「イラストレーター」に憧れた。イラストレーターという職業の人が何をしているのかさっぱりわかっていなかった。

中学生になると多少知恵がついて、銀行員や公務員になりたいと思っていた。手堅くて安定した(当時)職業。

高校生の頃は、手に職をつけたいと思っていた。可能であれば理系に進んで建築を勉強できたらいいなと思っていた。しかし物理と数学が壊滅的にだめだったので、その願望は立ち消えた。臨床心理士か図書館司書になりたいと思い始め、調べてみたものの、なぜか自分の受験時期に心理学がブームになったのと、臨床心理学を学べる文系の学校が非常に少ないこと、学んでも大学院まで進まないとあまり意味がないことなどを理由に臨床心理士は消えた。

大学では図書館・情報学を学んだ。これもなぜか私が誰にも影響されずに選んだ学科だったはずが、当時人気が上がってしまって困った。公務員試験を受けないと望むような司書の職には就けないことを知り、諦めてしまった。

就活では何の希望もなく、マスコミに行きたかったわけでもなく、膨大な就活資料の資料請求はがき(そうです、リクナビはまだ生まれたてほやほやの時期だったので使っていなかったのです)から多少なりとも興味のある会社にはがきを出し、エントリーシートを書いた。就活の頃の自分を振り返るのはつらい。自分には何ができて何がやりたいのか、本当に何もわからなかった。ただただ「普通に就職して普通のOLになりたい」と思っていた。

「普通」ってなんなんでしょうね。でも私の憧れは心から「ごく普通のOLになること」だったのだった。

自分の顔に向き合う

リモートワークになって圧倒的に変わったことといえば、自分の顔をよく見るようになったことかもしれない。

オンラインミーティングに参加するたび、画面のどこかに自分がいる。顔の良し悪しはこの際置いておいて、こんなふうに写るのか、こういう角度だとこう見えるのか、ということをだいぶ意識するようになった。油断するとすぐ口角が下がるので、PCの横に小さな鏡を置いて、時たま覗く。実際に他人様が見る顔とは違うので、三面鏡をAmazonでポチりたい衝動を抑えるのに必死である。

メイクをしてもしなくてもあんまり写りに関係ないこともわかってきた。さすがに眉は描かないとだめけど、アイライナーやマスカラをいくら頑張ったとてPC付属のカメラではまったく様にならない。

そして、たるみやえらのラインが気になるようになった。年を重ねた分しょうがないとはいえ意識しているのとしないのとでは意外に違う。ReFaの有名なあれは持っているけど、さすがに仕事中にごろごろ転がすわけにはいかない、というか無理がある。

そこで「フェイスポインター」なる美顔用品を買った。美容について書いているブログで知った商品だ。

core-fit.jp

えんぴつのような形状で、顔の筋肉でコリがある部分に押し当てて連打(?)する。「ながら押し」ができるので仕事中もかなり手軽に扱える。そしてコリがひどいのか、あちこち痛い。涙目で連打している。結果は効果があったらまた書こうっと。

リモートワークのつらいところ

また前回から間が空いてしまった。勝間和代さんのメールマガジンが毎日きちんと送られてきているのがすごいと思っているので、自分でももう少し文章を書くことに対して前向きに取り組まなければという気持ちになった。

とはいえ肩肘張らずに。

リモートワークに切り替わって2ヶ月が経とうとしている。自宅での仕事そのものには慣れつつあるが、どうしても慣れないのが「夫が家にいるタイミングでの仕事」。オンラインミーティングは最初気恥ずかしかったが慣れた。ミーティングの司会にも慣れた。最後に残った関門が「定時を超えての仕事」だ。

オフィスに出社している頃は、もうちょっと作業しておこうとか、後回しにしていたものを片付けてから帰ろうとか、何かしらののりしろになっていた。それが今はかなり難しい。難しいと思っているのは私に限らず夫だって何かしら思っているはずなので、まあ私が勝手に障壁だと思っているだけではある。しかし難しい。特に職種上「自分の中で割とノッてきた」というところで定時を迎えて作業を続ける胆力は私にはない。

朝ならそういうことはないのでこれまでよりはちょっと早めに仕事を始めることでなんとかしているけれど、出社することで得られるのはコミュニケーションの場とかグルーミング的な会話とかではなく、私にとっては「仕事をするという時間をキープする」意義、あるいはお題目だったのだ。お子さんがおられる家庭ではさらに難易度が高いのはひしひしと感じられるので、これくらいで音を上げるのは……という気もするが、しょうがないものはしょうがないのだった。

基本的に現時点では夫は家で仕事をすることがない(今後はあるかもしれない)。2人とも在宅勤務になったら、物置と化している一部屋を無理矢理にでも空けて、そこに移動が簡単な私が移って、物理的に隔たりを作り、話す内容や仕事内容(PC画面)が見えるのを避けなければならない。